2014年12月17日水曜日

北欧の人々が愛する味 リコリス

 

 
世界一まずいと言われているお菓子、リコリス(ラクリス)をご存じですか?

まずいのに北欧の人々が大好きなお菓子です。

今回、なぜ美味しくないのに北欧の人々に愛されているのかを探るべく、
リコリス試食会を開催しました。


今回試食したのは、5種類!


この2つは、グミです。
強烈な漢方薬のような味がしました。
右のグミは、下の部分がキャラメル味なので、
食べやすい派と、逆に食べにくい派に分かれました。











これはサルミアッキと呼ばれる塩味のキャンディー。
お菓子というより、大人の嗜好品???
慣れるまで少々時間が必要でしょうが。


 










これはリコリスのグミをチョコレートコーティングしたものです。
これが一番食べやすい!と評判でした。



クリスマスバージョンのチョコレートコーティングのリコリス。
スペシャル感があって、素敵です。
 
 
今回、たくさん試食をしてみて、最初は一様にしかめっ面。
そのあとは、「食べるごとにクセになってくる」 
「まずいけど、食べちゃう」という声も聞こえてきました。

狩猟民族の味わいの嗜好を垣間見た気がしました。

0 件のコメント:

コメントを投稿